腐女子解体新書

腐女子による腐女子のための腐女子考察

BLにおけるミソジニーについて

腐女子なら誰しも一度は遭遇したことがあるのではないかと思われるホモ作品における女性嫌悪ミソジニー描写。
例えばケバい(いい意味でキレイ)女子や女性が、主人公ホモたちに横恋慕したりします。すると主人公ホモは大概、彼女の見た目を否定し行動を否定し徹底的に貶めます。


腐女子はどうしてこうした女性嫌悪描写を書くのかについては、また別の機会に論じることにしてターゲットにされる女性や女子がお約束のように似たようなタイプであることに着眼し語りたいと思います。


大体、叩かれる女子は化粧がうまく、かわいかったりキレイな子です。ぶりっ子で愛想はいいけど性格は狡猾でずる賢かったりします。このタイプは受けか攻めにちょっかいを出して二人の仲を裂こうとする敵役です。こればかりではなく天然でいい子の場合、役割はただの当て馬です。
無意味な当て馬や主人公カプをage要員のためだけにキャラを登場させる作品は、その役割を果たすのが男であれ女であれ好きじゃないのですけど、二次創作の場合は大体脇キャラがそうした憂き目に遭い救出もされないのではっきり言って地雷なんですが、確かに子供の頃は、化粧が濃い女性=ケバいといった認識で苦手でしたが、気持ちは分かるものの実際の書き手さんは、当時の私よりずっと年上だったと思います。自分が年をとり思うのは女性による、いえ、腐女子ミソジニーが見苦しいと思うようになりました。


しかし、こんなあからさまなミソジニーは一昔前の同人誌では猫も杓子も状態で遭遇したのですが、近年はさすがに見かけなくなったかなと思っていました。が、ところがどすこい。意外にまだありました。というか、現役で健在でした。


先ほども触れたとおり、今でもターゲットにされる女性は打率10割で美人か美少女です。男子にも受けがよく、男性に媚びる術も知っている。そうした女性がターゲットになっているものしか見たことがない。
ですが、私の調査ではイベント会場によくいる腐女子は大体3タイプに分けられ、「デブス」「ガリ」「お水系か塚」です。「塚」というのは宝塚みたいな付けマツゲとマスカラで、ゲジゲジ睫毛になってたり、チークのせいでオカメインコみたいになってる腐女子のことです。ですから、ケバい女性をdisってると、ゲジゲジ睫毛の腐女子をdisってるように思えてじわじわします。この手合いをdisってる書き手さんは、「デブス」か「ガリ」なんだろうなというのも想像がつくのでさらにじわじわします。


同族のゲジ睫毛腐女子をdisるなら、同時にデブス非モテ腐女子もdisるべきでは?と思うのですが、なぜか今までにその手の女性をdisるBL作品には出会ったことがありません。


経験上、性格が曲がった救いようのない、あっきらかに「ねらー」っぽい腐女子は揃いも揃って、デブスの極みみたいなー…つまり体型が規格外デブというか、そういう人が多かったんですけども。
どうせミソジニーするなら、見てくれもあかん非モテなデブス、しかもそれを客観視できてない勘違い腐女子も一緒に叩いてくんねーかなと思ったりします。


現実ではかわいくてキレイな女の子って、実は性格もよかったりしますからね。
結局は行き着く先は僻みとか嫉妬ですか。ああ、腐女子って本当に面倒くさいですね。

広告を非表示にする