読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腐女子解体新書

腐女子による腐女子のための腐女子考察

イエス!モブおばさん

お久しぶりです。1年ぶりですね。
そうです。私も他のブロガーさんの類に漏れず、複数ブロガー使いです。


運営してるブログは現在、五本の指では足りません。当たり前ですが更新は偏ります。
そして、このブログが放置になったのはそうした事情のせいです。


そんな私ごとはどうでもよく、このブログは何故か定期的に夢女子さんの間で取り上げられ、フルボッコの刑にされているようですが、私は夢女子さんを一度も中傷したり批判したことはありません。
しかし恐らく夢女子さんには、気に入らないところが多々あるのでしょう。
ならば、好きなだけサンドバッグにしてくれと思います。


当ブログでかつて(そして今も)批判しているのは「夢嫌いorアンチ夢女子を公言しながら、お前のそれはどう見たって、受けちゃんに自己投影してるだろとしか思えない腐女子」です。つまり、敵は一貫して同類である腐女子の中にいます。そこだけは誤解なきようお願いします。

さて。
年の暮れですが、ここ数年の流行りである「モブおじさん」について、前々から思っていることを書きます。


この「モブおじさん」とかいうやつ、腐女子がよく自称したり、憑依(?)する対象らしいのですが、あえて言おう。
私は「モブおじさん」が嫌いです。


何故わざわざ性転換しなくてはならないのか。
「モブおばさん」ではダメなのか?
性転換しなくては、モブになれないという理屈は自己否定的な欺瞞ではないのか。


私は「モブおばさん」にしかなりません。
女は年をとると、ショタコンになり、マゾになります。これは私の考えではありません。受け売りです。
もっとも敬愛し尊敬する女性作家が、ひたすら主張してました。
私はその主張に感動しました。イエス、その通り!


女はババアになるほど、少年を追いまわす。少年に対してだけ、おばさんはサディストになれるから。男になる前の非力な少年なら勝てるからです。


しかし同時に、ババアになるにつれ、マゾの意味も理解するようになる。
時とともに醜く衰えていく肉体や容貌に対し、自虐に走るようになる。もっと殴って、罵って、踏みつけて、あざけって。
その代わり、男の子には好きなことさせてもうんだからあな「モブおばさん」。


なんて、素直に自身を受け入れている姿なんだろう、モブおばさん!
イエス!モブおばさん。


つまらん腐女子が「自カプを眺める時はモブおじさんになる」と言えば「自カプを眺める時はモブおばさんになる」と言う。


私は自カプを眺める時に性転換などしない。
ありのままの姿で、モブおばさんになる。


モブおばさんになる勇気のない腰抜け腐女子はモブおじさんどまりでしょうが、ありのままの自分を受け入れ、冴えない姿で自カプをガン見するモブおばさんを、私は応援したいのです。